主人が所謂難関私大と言われている大学の出身で、自分の息子もそこに行って欲しい、という夢を抱いていました。主人は公立中学を経て公立高校へ行き、そこから母校である難関私大に合格したようですが、主人の行っていた時代と今ではもう様子もだいぶ違っています。私たちがした難関私大の受験対策はまず情報収集でした。その結果、難関私大に通う学生の多くが中学受験をしていることを知り中学受験に挑むことにしました。

大学受験へ向けての受験対策

受験対策として、慶應大学や早稲田大学専門塾へと通わせることにしたのですが私達はSAPIXに入れることにしました。中学受験も大切ですが、目指すのは医学部なので先々の受験対策のことを考えて明確にテストでクラス分けが行われるSAPIXで競争心を養ってもらおうと思いました。また、負けず嫌いな息子も成績でのクラス分けに燃えたらしく、勉強にかなり力が入るようになり、志望校の入学を果たしました。ただ、学校でも大学受験の事にもう触れていましたが、次は6年後に大学受験が待っています。そのために、慶應大学・早稲田大学受験へ向けての受験対策も行わなければいけないと感じています。

Comments closed.